インカジの摘発は利用した客も根こそぎ逮捕される

コソコソプレイ

オンラインカジノだから見つからないだろう、店に行っているけど結果的に知られることは無いだろうと思っているなら大間違いです。インカジは結構ばれやすく、摘発対象のカジノカフェの情報などを判断して摘発・検挙できるようにしています。
摘発されると客にも捜査が及ぶようになり、場合によっては後から逮捕されることもあります。

現行犯で行うならその時点で逮捕

突入されている時に、客としてその場にいることは逮捕されてしまいます。これは当たり前でもありますし、テレビなどでも報じされていることが多いので、客としている場合は逮捕されることが前提と考えられます。現行犯として賭博をしていると思われますし、短時間のプレイだけではなく、数時間プレイしていると判断されるので摘発できると思われます。
現行犯は行っていることが既にわかっていることもあり、経営者と一緒に逮捕されてしまいます。この場合は単純賭博罪になりますから、最終的には罰金さえ支払えば釈放されることとなりますが、数日間は留置場生活となりますし、調査自体が結構長引くようなら結構大変です。

現行犯じゃないのに逮捕されてしまう事例

本来賭博をしていることがわからない限りは逮捕されないのですが、何らかの方法で賭博をしていることが分かってしまう場合、客として後から単純賭博をしたことで逮捕されます。主に監視カメラなどの要素があり、残されていたカメラの映像などから賭博をしてから出ていると判断されれば、カジノカフェの利用した容疑で逮捕することができます。
この場合は経営している側は既に逮捕されていて、全ての証拠を押収していることで発生している状況となります。現行犯じゃないのに逮捕されてしまうことは、既に利用しているカフェカジノは駄目になっていると判断して、素直に認めることになります。

自宅でプレイ

利用しないことが第一

本当に大事なことは、利用しないで自宅でオンラインカジノを行う程度にしておくことです。外出先で利用していることがわかれば、当然逮捕されても仕方ない状態となりますし、そうした状況は結構起こりやすいとされているので気をつけてください。
使っていた状況がわかってしまうなどの問題になると、利用していることで逮捕されて、将来的にもけっこう大変なことが起こります。カジノカフェは巧妙に隠してくれるのではなく、どこかで摘発されてむしろ逮捕されてしまうと思ったほうがいいのです。