違法ではないお小遣い稼ぎ

他よりも高いオンラインカジノのペイアウト率

オンラインカジノとその他のギャンブルはどう違うのかという点で、よく比較されることが多いです。
オンラインカジノとその他のギャンブルの違う点ですが、まずはペイアウト率があります。
オンラインカジノのペイアウト率は97%以上であり、この数字はどのカジノでも保たれています。
競馬や競艇は75~80%、スロットやパチンコは85%程度、宝くじは45%程度と、オンラインカジノと比較すると、ペイアウト率がそれほど高くはありません。
宝くじについては、半分以上が胴元の収益になってしまうという計算です。

オンラインカジノは、非常に多くの金額がプレイヤーへと還元される仕組みになっており、長く遊んでいれば勝てる可能性が高く、リスクが少ないギャンブルの一つとなっています。

オンラインカジノの自由度

オンラインカジノは、非常に自由なギャンブルとなっています。
その理由として、店舗を持たず、オンライン上でなら365日いつでもプレイが出来るからです。
寝る前の時間や、休憩時間を生かして遊べますし、家事の合間なども生かして、在宅で楽しめます。
店舗に訪れる必要がありませんので、営業時間も気になりませんし、いつでもゲームをして、ギャンブルにチャレンジします。

オンラインカジノは、公営ギャンブルと違い周囲の目を気にすることもありませんし、パチンコのように空いた席を探す必要もありません。
こういった点で、自由度が高いギャンブルです。

日本での扱われ方の違い

オンラインカジノと日本のその他のギャンブルですが、取り扱われ方が異なります。

公営ギャンブルとされるパチンコ・スロットに関しては、街中にも店舗があり法律的には賭博は禁止されているものの、景品所を通して実際に換金をすることが出来るなど、法律の抜け道を使い普通に営業されています。
競馬に関しても、宝くじに関しても堂々と営業されています。
これらは公営ギャンブルとして、認められているので、国内でも普通に遊ぶことが出来るのです。

しかし、オンラインカジノは日本の法律で認められておらず、グレーゾーン的なもので、曖昧な点があります。
海外にサーバーがあり、海外の合法国で合法的に運営されているものの、日本では法律で合法とは言い難いものです。
このため、あまり堂々と遊べるものではなく、逮捕されてしまったプレイヤーがいるなど、合法か違法かという点では議論されています。

この点で、他のギャンブルとは違いがあるといえます。

オンラインカジノと法律問題

日本でオンラインカジノと聞くと、賭博なので違法ではないかというイメージがあります。
しかし、実際の所オンラインカジノは違法とも合法ともいえない事情があります。

オンラインカジノを始める場合には、まずはオンラインカジノの法律での合法性について知っておくと安心してプレイすることが出来ると思いますので、此処でご説明したいと思います。

オンラインカジノの法律は存在しない

オンラインカジノに関する法律ですが、日本国内では実はオンラインカジノを裁くための具体的な法律が存在していません。
すなわち法律でのグレーゾーンにあたり、合法でもなければけして違法でもないというギャンブルなのです。

日本では法整備がまだまだ遅れていて、インターネットに関する誹謗中傷に関しても、まだこれを取り締まることが出来ていません。
まだそれほど馴染みがないオンラインカジノについても、きちんとした法整備が進んでいないというのが現状なのです。

オンラインカジノの特殊な事情とは?

オンラインカジノには特殊な事情があります。
日本の賭博に関する法律は、日本国内でのみ適用されるので、海外で運営されているオンラインカジノはまた事情が変わってくるからです。

オンラインカジノは海外の業者が運営をしているので、日本人がラスベガスやマカオでカジノを体験するのと同じことになります。
さらに、オンラインカジノは、海外において、ライセンスが発行された上で、合法的に運営されているため、日本の法律だけで裁くことが出来ません。

しかし、日本でプレイをしているのだから違法であるという意見もあります。合法であるか違法であるかは、未だに専門家の間でも意見が分かれていて、平行線となっているのです。

日本人プレイヤーが初めて摘発された事件

2016年3月に、国内でオンラインカジノをプレイをしていた日本人プレイヤーが逮捕される初の事件がありました。

しかし、略式起訴を受け入れず日本人プレイヤーが裁判で闘う姿勢を見せたところ、一転して不起訴処分となりました
つまり、オンラインカジノの違法性を検察も立証することが非常に難しいため、このように不起訴処分となったとされています。
1度不起訴となった事件がある限り、同じように検察側が新たにプレイヤーを摘発することはないだろうと考えられています。

しかし、今後も日本国内でプレイをする場合には、明らかに違法サイトのような日本の運営業者が運営をしているようなオンラインカジノは避けるようにしましょう。
これは明らかに違法となってしまい、摘発の対象となってしまうからです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です