オンラインカジノと一事不再理

オンラインカジノの法律的なことはどうなっている?

オンラインカジノを開始するにあたり、オンラインカジノが合法なのか違法なのかというのは気になるところです。

しかし、結論から言うと、オンラインカジノは合法でもなく違法でもないというグレーゾーン的な位置づけとなっています。
専門家の間でもオンラインカジノという存在が違法なのか合法なのかという点では意見が分かれていて、ずっと平行線を辿っています。
今後どの様になっていくのかは分かりませんが、ここでは現状のオンラインカジノの法律的なことについて詳しく見ていきましょう。

オンラインカジノは法律で記載されていない

オンラインカジノは法律でどうなっているのかという点ですが、実は日本の法律にオンラインカジノについて記載されている文面は一つもなく、現在でも法律に明記されていない状態です。

日本の法律が制定されたのはかなり前のことで、インターネットが登場する以前のことです。
法律はまだ未整備状態で、ネットの誹謗中傷に関しても法律で取り締まることが出来ない状態です。
オンラインカジノについても同様に、法律に明記されていないので、合法とも言い難いのですが、違法とも言えない状態です。

法律でオンラインカジノが具体的に禁止されているわけではないので、このように法律のグレーゾーンという形で捉えられているのです。

オンラインカジノは賭博罪に該当するのか

オンラインカジノについての法律がなかったとしても、オンラインカジノはギャンブルなので、賭博罪になってしまうのではないかというイメージもあります。
しかし、オンラインカジノはギャンブルでありながら、賭博罪とも言い切れない部分があります。

賭博罪というのは、プレイヤーと胴元のどちらもを摘発して初めて賭博罪に該当するとなっています。
日本国内で賭博をすることは禁止されていますが、その場所を提供している胴元の摘発が必須となります。

しかし、オンラインカジノの場合、サーバーが海外にあり、海外の業者が運営をしています。
さらに、海外の業者も違法で運営をしているというわけではなく、オンラインカジノの合法国によってライセンスが発行されて、許可された上で運営をしています。
これを日本の法律だけで裁くことが出来ないという難しさがあります。

オンラインカジノが賭博罪に該当するかという問題ですが、賭博罪の場合胴元も摘発する必要がありますので、この賭博罪でオンラインカジノを摘発することは極めて難しく、今の時点で見逃されているのです。

所在地が日本のオンラインカジノには要注意

このように、オンラインカジノは海外で運営されているということで、その違法性が立証できないギャンブルになっています。
しかし、日本国内で運営されているオンラインカジノの場合は別問題です。
日本国内に胴元があれば、それは賭博罪に該当してしまい、確実に摘発の対象になります。

このため、プレイヤーは賭博罪になってしまわないように、オンラインカジノの中でも海外で運営されている優良なサイトを選ぶ必要があるのです。

日本のサーバーでオンラインカジノを運営しているということは、日本でカジノを運営していることと同様になりますので、賭博場開張図利罪に当たります。
運営者はもちろんですが、プレイヤーも摘発されてしまう恐れがありますので、けして手を出さないようにしましょう。

プレイヤーが摘発された事件

2016年に、実際にオンラインカジノをプレイしていたプレイヤーが日本で逮捕されてしまうというニュースがありました。
これだけ聞くと、オンラインカジノでプレイをするのは、やはり違法なのではないかと思いがちです。

しかし、容疑をかけられたプレイヤーは最終的に不起訴処分となっています。
この形態の案件は、以前から検挙された例がないということ、そして海外の運営会社が運営をしているオンラインカジノでプレイをしているのは法律違反に該当しないと納得がいかず、プレイヤーが争う姿勢を見せました。

オンラインカジノのプレイヤーが対象になった事件はほとんどなく、この一つだけなのですが、結果的に不起訴処分を勝ち取っています
検察側も、オンラインカジノの違法性を立証することはとても難しいと判断したのか、一転して不起訴処分となりました。

オンラインカジノを規制する動きは警察にはあるものの、裁判無しでの略式起訴を今までは落とし所としていましたが、それに真っ向から対立したプレイヤーが存在し、不起訴となったという事例です。
一度不起訴処分となった事例があるだけに、今後も検察が同じように国内のプレイヤーを摘発する可能性は極めて低いです。

今後カジノ合法化で変わる?

今後カジノ合法化されることになりましたが、カジノ合法化で何かが変わるのかというと、そういったこともありません。
オンラインカジノが新たに規制の対象になったということもなく、今まで通り、法律には書かれていませんので、グレーゾーンであると考えておいて問題はありません。
自宅でプレイをする分には今までどおり問題なくプレイして良いと言えるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です